デジタル生活を楽しもう

コーワ TSN884 を使いこなしたい。デジスコが長続きする趣味になれば最高。

梅雨から夏の野鳥撮影

春に近くの雀等で撮影練習していましたが、その後梅雨に入りそして夏場になってきました。
野鳥を撮影したいと思っても、雨や暑さでままならない日々が続いています。

 

一度子どもと一緒に野鳥園なるところに様子を見に行ったのですが、暑い日だったのかサギが数羽いただけで寂しい限りでした。

 

そこで今度の出番は秋にならないと無理かなと感じています。
その間機材はどのように保管しておけばよいのか迷っています。
娘は1眼レフカメラを専用保管収納庫に入れているのですが、デジスコは大きいので収納庫は無理だと思っています。(あるかもしれませんが・・・。)

 

使うことが一番といいますが、それができないのでネットで方法を探しまくりました。
ケースとかに入れず、風通しのよいところで普通に保管しておけば大丈夫だというのを見かけました。
そこで基本的に、三脚に組んだままで、ホコリを避けるため薄い布でカバーしています。(ホントにこれでよいのかな。)

興和スポッテイングスコープ TSN884

興和スポッテイングスコープ TSN884

今のところ問題なく保管できているようです。
興和スポッテイングスコープ TSN884

興和スポッテイングスコープ TSN884

興和スポッテイングスコープ TSN884

 

自分の活動用の趣味として、少しでも行動力が身につくようにと願っています。秋が待ち遠しいです。

 

趣味をデジスコにしたい。

さて日頃の生活を顧みると、自分の定位置はパソコンの前で自然に当然のように電源オン。
そのままズルズルと時間が過ぎていく感じなんです。これは体に悪い!ちょっとは運動しなくっちゃ!ということで考えたのがデジスコで野鳥撮影。
これを趣味にできれば多少の運動不足が防げる(出歩く機会が増えればいいな。)かもと考えたんです。
でも、やっぱり続けることができなかった場合を考えて、あまりお金をかけないことに・・・。
そこで中古の安いものを手に入れ試験始動。



光学系はちょっとレベルが低いけれど、三脚は趣味でなくてもズーと使えるだろうということで、結構よいものを買ったつもりです。マンフロット055でカーボン製3段です。



雲台はビデオ用(中古でも結構高かった)のものを付けていたけれど、デジスコにはジンバル雲台がベター。ということで結構変遷を経て決定。

これビデオ撮影用の516tという型番ですごく重いのですがとてもなめらかに動くんです。ビデオ撮影なら最高。



その前に購入していたのが新品のギヤ雲台マンフロットジュニア雲台410です。これは静止物(月や草花)を撮るには最高の雲台でしたが、デジスコには最悪の代物。



即、変えました。
やはり野鳥撮影にはデジスコ用にジンバルがいいと決断。しかし高いんです。



それで上記のものにしたんですが、動きが悪くバランスがとりにくいんです。

どんどんハマってきた感じですね(笑)。
思い切って清水の舞台から・・・。ということでとんでもない決断になりました。
フィールドスコープを最高のKOWAの884に、そして雲台も中古ながらデジスコドットコム製ジンバルに・・・。





これですべて最高峰のものになりました。もちろん中古のものもあるんですが。

 

この後は使い勝手等をレポートします。


page top