トップへ戻る

最高のOnePlus6に、バッテリーを制御するアプリBatteryMonitorを導入

最高のOnePlus6に、バッテリーを制御するアプリBatteryMonitorを導入

2019年には各社から、SnapDragon855CPUを搭載したスマホが発売されるのは間違いないでしょう。
私の使用しているのはOnePlus6で、CPUは845です。

 

私としては性能の高いものを欲する性格で、855ガキにかかるのですがOnePlus6は購入したばかり。
もちろんしばらくして855が出ることは想像していたけれど、このCPUはとばしてもっと先のものをと考えたんです。
現在のスマホで何一つ不自由していないのですから(あっ、楽天edyが使えないのは残念・・・くらい)、まだまだ1年以上は使わなくっちゃと思っています。

 

以前の投稿で、フィルムやケースのことは話しましたが、個人的にはこうしたガジェット類は大切に扱うタイプです。
そこで今回はバッテリーについて、アプリの紹介をしたいと思います。

 

表題のとおりで「BatteryMonitor」というアプリで、スマホの充電を助けてくれるものです。

 

 

 

(画像は広告のリンクではありません。)
設定等は全て英語なので、使いこなすことはできないのですが、大事なところだけをかいつまんで説明します。

 

・ タスクバーにバッテリー残量が表示されます。
・ 小さくて見にくいよっていう場合は、ウィジェットとしてデスクトップに配置することができます(私はタスクバーと両方表示しています)。
・ これが一番便利かなと思う機能ですが、満充電近くに数値を設定するとアラームで知らせてくれるんです。ですからオーバー充電にならないんです(私は98に設定しています)。
  ただ残念なのは、スマホの電源を切ってしまうと動作しません。

 

まだまだ機能はあると考えられますが、私の英語能力では大変なので、上記動作のみを使用しています。
ちょっともったいないかも知れませんね。今度頑張って翻訳してみます(笑)。

page top