デジタル生活を楽しもう

osmo mobileにスマホ取り付け バランスに注意

前回osmo mobileの購入したことを掲載しました。
今日は、たまたま子どもの保育所の行事があったので、早速使用してみました。

 

osmo mobileはスマホを利用して、安定した画像や動画を撮影することです。
そのスマホなんですが、以前にも紹介したgalaxy S8+なんです。

 

DJI社のホームページで「galaxy S8+」がosmo mobileに取り付けられるのか心配で調べました。
サイトのFAQでは次のように掲載されていました。
「Osmo Mobileは、幅58.6~84.8 mm、厚さ最大8.4mmまでのモバイルデバイスを取り付けられます。iPhone SEからiPhone 6s Plus、Androidフォン、またそれらに類似するサイズの市販されているほとんどのモバイルデバイスを取り付けられます。モバイルデバイスにケースを装着していたり、特別なレンズや追加のサイドボタンがある等、お使いのモバイルデバイスの状態によっては取り付けられない場合もあります。」

 

なるほど・・・galaxy S8+は合格ですね(笑)。

 

そして今日はそれにケース(spigen TPUケース)nをつけたまま取り付けました。

スマホとのバランス

バランス取りが悪かったのですが、ネットでは多少は大丈夫とあったので撮影してみ
ました。

 

静かに撮ればそれなりに追従してきますが、ちょっと気を許すと(とでも言ますか)うまくジンバル機能がついてきません。
若干暴れたような動きで回転し、DJI GOアプリが停止します。電源を入れ直し、再起動をしてから撮影を繰り返すことができました。

 

しかし、3度エラーをしました。
そのときk付いたんですが、ジンバルのモーター部分(2カ所)が触れないほど発熱していました。
このままでは、モーターが故障をするのが目に見えている感じだったので、撮影は中止しました。

 

家に帰ってからDJIサポートに連絡しました。
バランスがとれていない場合は、ジンバル機能は当然ですが、バランスを取るためにモーターに負荷がとても強くかかるそうです。
そのため発熱し最悪は故障となるそうです。

 

幸い短時間での以上挙動だったこともあり、その誤動作を試みたところチャンと動いてくれました。
もちろんスマホにケースを装着していると、tall boyなgalaxy S8+がより背高になるのでケースを外しました。(そうです何も装着しない裸のスマホです。(あっ、ガラスフィルムはついていますけれど・・・)

 

なんとosmo mobaileのバランスアームを1番伸ばしたところでピッタリとバランスがとれたんです。
ケースなしで使うのは不安(落としたりするかも・・・)なんですが、撮影のときだけ外すつもりなのでOKですね。(spigenが無駄にならなくて良かったです:ケースをつけて装着できれば万々歳なんですが)

スマホとのバランス

スマホとのバランス

というわけで、バランス取りはうまく解決しました。
モーターが熱くなったのにはビックリしたのですが、今後異常が無いことを祈って使用していきたいと思います。
もちろん異常があれば修理ですが・・・。

 

なので普段の持ち歩きはケース付き。osmo mobileを使うときは裸と使い分けしています。そんなに苦になりませんね。

page top